NFL

2024年NFLドラフト終了 QB争奪戦で得をしたのはどこか?

2024年のNFLドラフトが終了しました。今年も大盛り上がりで、日本のプロスポーツも何故これだけ盛り上がるのかを、勉強する必要があると思います。経済規模が違うからと言い訳をしてしまっては、無能の証明にしかならないことを考えるべきです。
野球

プロ野球の未来が暗い 明るい展望を描くリーダーがいないのは政治や企業と同じ

日本のプロ野球にアメリカのマイナーリーグ化の波が、押し寄せています。実績を残せていなかった藤浪晋太郎投手が破格の年俸で契約したり、メジャーで通用しなかった筒香嘉智選手が、高額で迎えられたりと、日米の垣根はどんどん低くなってきています。
NFL

2024年NFLドラフト間近 鉄板の基本戦略 レイダースはどうだ

いよいよNFLのドラフトが迫ってきました。今年はQBが豊作で、予想サイトでは1巡で6人のQBが指名される可能性さえも指摘されています。今年のカレッジフットボールで全米1を争った2人のQBがQBとして4番手以下で指名が予想される状況は、ファンにとってたまらない展開となりそうです。
野球

夢を追いかける野球選手たち 自己分析とチームプレー 野球脳とは

夢を追いかけることを称賛する風潮にあります。成功することがほんの一握りの人たちに寡占されている状況でも、「諦めたら終わり。」と、諦めないことを尊いことのように評価する事が多いようです。しかし、実際は勝者の席は決まっており、諦めなかった人たちの多くは敗者となります。
野球

今年も阪神に競り負け 巨人守りの野球も機能せず どうする大城捕手

守りの野球を掲げてスタートして好調を続けていた巨人ですが、昨年勝てなかった甲子園で今年も勝てませんでした。”紙一重”で惜しい勝負だったというコメントが出ていますが、それは去年も聞いたような気がします。
野球

巨人・松原聖弥選手を勘違いさせるマスメディア 成長の段階ではない

育成からレギュラーを掴みかけて、背番号も9を一年とはいえとった松原選手が2軍に降格しました。毎年とても期待される松原選手ですが、すでに29歳となり中堅からベテランへとなりつつあります。本当に期待した選手なのですが、結局1軍の壁に跳ね返されてしまっています。
野球

筒香嘉智選手はDeNAに決定?巨人ファンは獲得できなくて安堵か

メジャーから帰って来る筒香嘉智選手が、元鞘に収まりそうです。これは戦力アップを狙うジャイアンツの編成以外は、喜ぶべき結果ではないでしょうか?まだ正式ハッぴゅではないので、契約の内容までは明らかにされてはいませんが、マネーゲームができなくなったジャイアンツには、長い目で見ると良い結果なのではないでしょうか。
野球

アスリートの教育 純粋すぎる大谷翔平選手と水原一平氏 常識問題

日米を揺るがした賭博問題は、今もなお世間を騒がせています。一般の日本人にとっては金額が大きすぎて、常識では考えられない問題が起きてしまっています。ただ、金額の多寡の問題があるとはいえ、同じ様な事件が散見されるのも事実だと思います。
野球

巨人の阿部監督に名将の予感 ブレない方針と根拠のある判断

ここまで混戦とは言え6勝5敗と昨年Bクラスのチームとしては健闘しています。特に阿部監督はセ・リーグで唯一人の新人監督でありながら、落ち着いた采配を続けてくれています。ベンチ内でもプレーに一喜一憂するのではなく、チームやゲームを俯瞰して見ているような雰囲気があります。
野球

低反発バットの影響 高校生のレベル低下 ドラフトでは大学生人気に

低反発バットが高校野球に導入され、春の大会はホームランが僅かに2本という結果になりました。見方によっては打撃のレベルが上がるという考え方があり、今まで力任せに売っていた打撃が芯に当てることが大切になり、高校生の打撃の質が良くなるという考え方があるようです。
タイトルとURLをコピーしました