Raider

野球

巨人阿部監督は変幻自在 君子豹変する 朝令暮改? 名将への道

ジャイアンツの阿部監督がいろいろと話題を提供してくれています。新外国人のモンテス選手が加入することによって、守備位置のフレキシビリティが増したところで、様々なプランが明らかになりました。
投資と学び

為替は読める 円とドルの大きな流れがわかる 短期売買はリスク

歴史的円安とマスメディアは騒いでいますが、煽るだけのマスメディアには本当に呆れてしまいます。メスメディアは相変わらずネガティブな見方でしか報道しないので、いつも政治に不満をぶつけることになります。為替の上下に政権や日銀は本質的には関係ないはずなのに、大衆の不満を誘導するような報道のやり方には、呆れてしまいます。
野球

巨人のベテラン丸佳浩は打撃のモデルチェンジ成功 坂本勇人は?

ジャイアンツの丸佳浩選手が、打撃の好調を維持しています。打率は.315でヤクルトのサンタナ選手に次ぐ第2位と、昨年まで下降線を描いていた打撃が見事に復活しました。本塁打は7本と全盛期には及びませんが、見事に打撃の改良を重ね、復活してきたと言っていいでしょう。
ゴルフ

短パン解禁の男子ゴルフツアー 見られている意識の欠如 プロ失格?

男子プロゴルフツアーで半ズボンが解禁になりました。今のところ横浜ミナトチャンピオンシップ限定の解禁のようですが、これから暑さ対策のためには必要な対策ではないかと思います。プレイヤー目線では危険防止という意味では良い方向だと思います。
野球

歴史的な投高打低の原因を考える 理由は何故か? 投手のスピード?

日本プロ野球は歴史的な投高打低です。球の反発係数が変わったのではという疑問もあるようですが、それだけではないでしょう。投手のレベルが上がりスピードボールが増えたからという説もありますが、今年に限った話ではありません。何故なのか考えてみたいと思います。
投資と学び

政策保有株の持ち合い解消で日本の株式市場が変わる 経営陣に責任

損害保険会社の政策保有株の売却に端を発して、各社で持ち合い株の解消が進んでいます。損害保険会社だけに限らず銀行などの金融機関、自動車会社の系列による持ち合いの解消など、大きく株式市場が変わろうとしています。
野球

巨人大勢投手と中川皓太投手が復活?勝ちパターンが安定しない

首位広島に勝ち越しました。勝ちパターンの入れ替えが有り、中川皓太投手と大勢投手が戻ってきました。しかし、中川投手は1失点。大勢投手は満塁まで追い込まれるという、ヒヤヒヤの展開でした。バルドナード投手が疲労気味ということで、いきなりのクローザー役でそこは考慮するとしても、不安定な投球内容で、余裕が全く感じられませんでした。
野球

歴史的貧打の巨人 何故打てないのか考えてみる 坂本勇人は限界?

ジャイアンツがとにかく打てません。狭い東京ドームを本拠地としているのに、今年はホームランも出ず、チーム打率.232で36本塁打は少なすぎます。リーグ全体で投高打低が続いていますが、何故これほどまで打てないのでしょう。
野球

首脳陣のニーズに応えられず 巨人松原聖弥と西武若林楽人がトレード

遂にというか、とうとうというか、松原聖弥選手がトレードで移籍となりました。相手は貧打にあえぐ西武ライオンズということで、即スタメンも有り得るので、松原選手にとっては最大のチャンスといえるかもしれません。しかしこれが最後のチャンスになるかもしれません。
ゴルフ

雨の日のゴルフはどの程度ならできる? キャンセル料はどうなる?

梅雨に突入すると当然ながらゴルフのプレイは少なくなります。私の場合は今は殆どが一人予約なので、今は少しでも雨の予報であれば、キャンセルしてしまうことが殆です。ただこれが、誰かのコースに招待されているだとか、4人のメンバーを募って日時を合わせて企画されたものであれば、簡単にはキャンセルできるものではありません。
タイトルとURLをコピーしました